toggle

コミュニケーション

コミュニケーションは、“話す”と“聴く”に分けられます。
“話す”は「アサーティブ」という技法を理解することにより、相手を不快にすることなく自分の言いたいことを伝えることができるようになります。
“聴く”は「アクティブリスニング(積極的傾聴)」を理解することにより、相手に共感しつつ能動的に聴くことができます。

「アサーティブ」や「アクティブリスニング」を体感すれば、人間関係によるストレスが激減し、とても楽になります。