toggle

キャリアコンサルティング

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

キャリアコンサルティングはこんな時に活用できます。

  • 企業で働いている方の例「今よりいい仕事をするためにスキルアップしたいが、何から始めたら効果的かわからない」
  • 学生の例「就職活動をしているが、自分がどんな仕事に向いているのかわからない」「就職面接でうまく自己アピールできない」
  • 仕事を探している方の例「次の就職に向けて資格などを取得したいが、どのように選んだらいいかわからない」

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。

キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリア・プランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。
(厚生労働省HPより)

セルフ・キャリアドック制度

「セルフ・キャリアドック」とは、従業員のキャリア形成における“気づき”を支援するために、年齢、就業年数、役職などの節目において、従業員が定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を、企業が設定するしくみのことです。企業の人材育成ビジョンに基づき、入社時や役職登用時、育児休業からの復職時といった効果的なタイミングでキャリアコンサルティングを受ける機会を整備・提供することにより、従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率向上などを図り、ひいては企業の生産性向上にも寄与する効果が期待されています。

セルフ・キャリアドック導入のメリット

メリット1 従業員の仕事に対する自発性とモチベーションの向上

従業員が自らキャリア・プランを考えることにより、自発的に意欲的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
従業員が適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
従業員がキャリアパス(社内での昇進に必要な仕事の経験や順序など)をイメージ しやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができます。

メリット2 新規採用職員などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑に行うことができます。

新規採用職員などにキャリアコンサルティングを実施することにより、キャリア・ プランを明確化・具体化し、職場への定着や仕事への意欲を高めることができます。
育児休業者や介護休業者などにキャリアコンサルティングを実施することにより、 職場復帰を円滑に行うことができます。