toggle

リラクセーション

眠りヨガ(ヨガニドラ)

こんな不調ありませんか?
□寝つきが悪い、眠りが浅い、寝すぎる、眠れない
□心身の緊張がとれない
□不安な気持ちが強い
□マイナス思考になりがち
□疲れやすい
眠りヨガ(ヨガニドラ)で、脳と自律神経を深いリラックスに導く心と脳を休ませるには、自己流のリラックスも大切ですが、眠りヨガ(ヨガニドラ)をお勧めします。
そして、さらに!!
カウンセリングやコーチングなどの心理学を学んだヨガインストラクターだからこそできるリラクセーション、ヨガニドラと心理学の誘導で、リラックスのみならず潜在意識にアクセスすることができます。
『夢を叶える眠りヨガ(ヨガニドラ)』で、
①自分の潜在意識にアクセスし、夢をありありと明確にする
②明確にした夢をイメージすることで、夢を叶える

リンク

「寝たまんまヨガ」を企業研修やデイケアで活用【卒業生活躍リポート vol.9 山内柳子さん】

自律訓練法

1932年にドイツの精神科医フーゴ・パウル・フリードリヒ・シュルツによって創始された自己催眠法であり、リラクゼーション技法です。

  • 自律訓練法の効果
  • 疲労回復
  • ストレス解消
  • 抑うつ解消
  • 緊張感の軽減
  • 集中力の向上
  • 質の良い睡眠
  • 肩こり解消
  • 筋緊張性頭痛解消

具体的な方法

カウンセラーの誘導にしたがって、イメージします。
深く腰掛けられるか、仰向けになれるようなリラックス出来る姿勢で行います。
時間は5分~25分程度です。

次の順番で呼吸を整え、イメージすることで深いリラクゼーションを体験できます。

  1. 気持ちが落ち着いている
  2. カラダの重さをイメージ
  3. カラダの温かさをイメージ
  4. 涼しさをイメージ
  5. スッキリと出来るイメージ